とりのぽblog

日々のんびり~ゆったり~たのしく暮らす~

ハワイアンキルトをアレンジしての使いみち

 

いまではもう

ハワイアンキルトを作らなくなったのには

わけがあります。

それは、自分で仕立てができないから。

(細かな作業に目がついていけなくなったせいもあるけど)

 

 

クッションやタペストリーにしても

まわりの仕上げに*パイピングをする必要があり

ミシンもあったほうが便利。

でもミシンは持っていない。
(*パイピング=布の端をテープ状でくるんで縫う)

 

 

バッグやポーチをつくるのも

チャックをつけるとか

立体的につくりあげるとか

最後の仕立てが必要

 

教室に通っていたころは、教えてもらいながら

ミシンも使って・・・と出来たのですが。

 

 

教室をやめてからは

そういう苦手部分の作業はハードルが高い!

それなら自分で調べながら

がんばって作ってみようー

・・・という気力まではなかなか。。。

ただデザインを縫うだけならよいのですがね。

 

 

そんなこんなもあって

最近はもう少し手軽にできる

刺し子づくりに移行してるのかもしれません。

 

キルト芯なし  レースが付くと雰囲気もやわらかい ~designed by Kathy mom~

 

で、

こちらのキルトですが、

 

布まわりの処理や裏側の縫い目をかくすために

なんとか簡単にきれいに仕上げることはできないものか

と、考えた末

 

使わない大判のレース付きハンカチ?

があったので、それを利用して

椅子用のカバーにしてみました。

 

できあがったキルトを

ハンカチに縫いつけてみたわけです。

 

椅子のサイズにもちょうどよい! ~designed by Kathy mom~

 

こんなかんじの

ちょっと違ったハワイアンキルトが完成!

 

 

つかいみちは何でもよいのですが

完成できたことがうれしい!

生地を無駄にしないですんだことがうれしい!

 


そしてこれが裏側

ちょっとエキゾチックな柄

 

 

縫い目も隠せたことにより

ちらりと裏が見えても大丈夫

 

 

ちょっとしたアイデア

なんとでもなるんだなぁと

ハンドメイドには想像力も必要と

感じた瞬間。

 

 

そう考えたら 

古いキルト作品をつかって

やりたいことが浮かんできました。

 

気が変わらないうちに行動してみようかな。

 

 

 

 

mpipo24.hatenablog.com